法律に詳しい人はクレジットカード現金化を試そう

クレジットカード現金化をおすすめしたい人は、法律に詳しい人です。仕組みを理解すれば心配する必要はないしリスクも回避できるでしょう。やってみればわかりますが、やり方次第で実に有益な方法であることが実感できるはずです。
■法律には違反していません
クレジットカード現金化は、日本の法律に反してはいません。カードの規約違反だとする主張もありますが、それは一方的な話です。とはいえ一方的に利用停止となるケースも少なくありません。この点は想定しておきましょう。
そもそもカードの利用規約こそ一方的すぎます。嫌ならカードを作るな、そういう強者の論理です。こちらの方こそ法律に抵触しないのでしょうか。しかし法律は強者が作る物です。警察や管轄する行政も権力側です。波風立てないのが大人の対応です。
■別件で逮捕されることもあります
何が問題でクレジットカード現金化を目の敵にするのかわかりません。それよりも闇金を取り締まる、もしくは銀行の融資を広げる方に行政も政治家も目を向けるべきです。現状では単なる弱い者いじめにすぎません。もちろん裏に利権があるからです。
なお別件で逮捕される事例もあります。一般的には出資法が持ち出されます。つまり金融業者以外が融資をしていると捉えるのです。とはいえクレカ現金化は融資ではありません。一方でカード会社に対する詐欺で立件する向きもあるようですが、お門違いも甚だしいですね。法律に詳しい人であれば論外とわかるでしょう。
■換金率をどう捉えるかです
合法であっても還元率を問題視する人もいるようです。業者のホームページなどでは90%以上を謳うこともあります。とはいえ現実的にはどうなのか、手数料などの名目でさらに引かれることも珍しくありません。
しかし消費者金融の金利も高いです。法律が改正されたとはいえ18%です。また銀行カードのリボ払いこそ暴利です。そう考えればクレカ現金化業者は良心的と言えるでしょう。優良な運営会社にはリピーターも少なくありません。
■試してみましょう
法律に詳しい人こそ、クレジットカード現金化を試してみましょう。目敏い人は換金率を気にするかもしれませんが、他の金融機関と比較しても、それほど悪い話ではないはずです。

関連記事