消費者金融が使えない人はクレジットカード現金化を試そう

消費者金融は誰でも利用できるのがメリットです。アルバイトでもカードを作れます。しかし限度額というデメリットもあります。それを超えてしまうと使えません。その場合はどうするか。クレジットカード現金化という手段を知っていますか。
■消費者金融には総量規制があります
無計画に借りる方も悪いのでしょうが、消費者金融から借り過ぎて破綻する人が一時期増えました。そのため行政が動きました。結果として総量規制という限度額が決められてしまったのです。つまり実収入の1/3までしか融資を受けることができません。
それで破綻者が減ったのでしょうか。一説によると闇金に流れたとの情報もあります。現実を見ていない政治家や行政、弁護士などが考えることには見落としがあります。とはいえ民間業者には知識やスキルがあります。安全性の高い新しい方法が日々生み出されています。それがクレジットカード現金化です。
■カードの信用調査は同じです
クレジットカード現金化は、クレジットカードを使った換金方法です。そのためカードが必要です。もちろんカードを作るには審査があります。とはいえ消費者金融の場合も信用調査があります。どちらが厳しいか、一概には言えないようです。
過去に返済が滞った履歴があれば、最低3年はブラックリストから消えないので、どちらもカードが作れません。諦めましょう。しかしバイトでも同じ仕事を3年以上続けており、かつ毎月の一定の収入があれば、クレジットカードは作れます。
■クレカ現金化は支払方法が選べます
基本的に消費者金融の支払方法は、月額が決まっているリボ払いです。そのため金利ばかり払っているケースも少なくありません。もちろんクレジットカードでもリボ払いはありますが、これはちょっと詐欺のような返済方法です。
クレジットカード現金化は良心的です。一括払いや分割払いが利用できます。買い物をする際の契約に応じた支払方法が選べます。ライフスタイルに合わせたタイミングで返済できるので、トラブルに陥るリスクも少ないようです。
■試してみましょう
消費者金融が使えなくなった人は、クレジットカード現金化を試してみましょう。還元率の違いはありますが、ショッピング枠の範囲内であれば自由に使えます。新たなツールとして活用してみましょう。

関連記事